ニキビについて知ろう


ニキビの出来る理由とその原因

ニキビと聞いてイメージするのが、思春期に悩むことが多い皮膚の炎症だと思います。しかし最近では大人でもニキビに悩まされている人達も多くなってきています。ニキビというのは“尋常性ざ瘡”と言われる皮膚の病気の一種です。個人差はありますが、放っておくと痕が残ってしまい後悔や自己嫌悪をしてしまうケースも少なくないので適切な治療やケアが必要になってきます。そこで、ニキビの単純な原因を知っておきましょう。まず、ニキビの原因は“毛穴の入り口が詰まってしまう”事です。顔・胸元・背中といった人体において皮膚が薄く皮脂分泌が比較的多くみられている部位で皮脂分泌が活発になるためです。この皮脂分泌が活発になる原因は大きく分けて4つあります。1つ目は成長ホルモンの影響によるTゾーンでの皮脂分泌の増加です。そのため、主に顔を中心としてニキビが増えてしまいます。2つ目は男性ホルモンの影響です。男性には当然のことながら女性にも少なからず男性ホルモンは存在します。この男性ホルモンによって皮脂分泌が高まり上皮膚の角化を促してしまうのです。3つ目はストレスです。ストレスにより交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまい、皮脂分泌が増加すると考えられています。そして4つ目の原因は、黄体ホルモンによる影響です。黄体ホルモンは生理前に多く分泌されるホルモンであり、皮脂分泌の作用も持っています。そのため、生理前にはニキビが出来やすかったり、もともとあるニキビを悪化させてしまうケースが少なくありません。以上のニキビの原因を見ていくと、思春期の女性には特に発症しやすい皮膚の病気がニキビと言えるでしょう。

~注目情報~
・思春期の女の子にも嬉しい、低価格で正しいニキビケアができる化粧品です ⇒⇒ ニキビ 化粧品



ページTOPへ